スポンサードリンク

玄米と消化

玄米は栄養素が白米に比べて豊富です。しかし、玄米は食物繊維が多いのが特徴で、そのため、消化に時間がかかるので、よく咀嚼(そしゃく)することが必要となります。



しかし、現代人は、昔の人と違ってこれらの消化分解力が弱体化していて、普通の大豆、ゴマ、胚芽の有効成分ですら重合を切断して、活性化させる能力を失っているといわれています。



つまり、普通に圧力釜を用いて、玄米を炊いたぐらいでは、固い玄米を消化吸収するほどの消化力を現代人は持っていないといわれていて、玄米食では、玄米の中に豊富に含まれているビタミンや抗酸化物質などの有効成分の重合を切断して、活性化することはできないといわれています。



しかも、この重合を切断活性化させるくらい強い圧力をかけて、圧力釜で炊きますと、消化吸収はしやすくなりますが、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB2そのものがこわれてしまい、せっかくの有効成分が効果をもたなくなってしまいます。



したがって、玄米食で元気になるような人は、消化分解力が玄米をたやすく消化分解することが出来るほど強力であることから、玄米食でなくても、はじめから病気なんかにかからないといえそうです。

玄米 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク








マタニティセラピストへの道

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。